家族葬は一般葬にくらべ規模は小さいものの、臨終から火葬までの内容にほとんど変わりはありませんが、参列者を招かないため「通夜ぶるまい」を行わず、家族やごく近い関係の人だけで見送るものです。葬儀は比較的自由が利くため、故人が気に入っていたものや、好きな花で祭壇を飾ることができます。また好きな音楽を流しながらのお別れもできるので、故人も家族も穏やかに最期の時間を過ごせます。見た目の華やかさや体裁を気にすることもなく、また弔問客に気を遣う必要もありません。最近ではこの家族葬で見送る人が増えていることから、参列のお断りがしやすくなっているようです。なかには招かれないことで気分を害する方もいるようなので、後々のお付き合いを考え対応することが望ましいと言えます。

家族葬を千葉で行いたい人のための基礎知識

全国的に増えているこの葬儀の形は千葉でも同様です。終活を考える人が増えたこともあり、生前からどのような葬儀をしたいのか希望する内容まで決めている人もいます。自分の葬儀には費用をかけたくない方も多く、通夜を行わずにごく近しい関係者だけで告別式と火葬を一日で行う「一日葬」や、通夜も告別式も行わず最低限の火葬のみを行う「直葬」など、シンプルでも心のこもった葬儀の形が増えています。これらのシンプルな葬儀の形は、参列者を招かず接待もおこなわないため、費用を抑えることができる経済的なお葬式です。家族や親しい人たちだけで、最期のお別れをしたいと考えている人が大変多いことが分かります。規模は小さい葬儀であっても、亡くなってからの手続きには一般の葬儀と変わりはありません。期限がある手続きなどは特に早めに提出することが望ましいものです。

家族葬を千葉で行いたい人に知っておいて欲しい知識

病院で亡くなった場合、遺体安置室の外に葬儀社の人が待機していることが多いものです。依頼する業者を決めていない場合、言われるままにその業者に依頼してしまう家族が多いようですが、費用や内容を知らないままお願いすることは後悔に繋がります。遺体安置室から搬送するところからすでに依頼されたことになってしまうため、別の業者に依頼する場合にはその時点で断る必要があります。亡くなったばかりで悲しいなか、葬儀のことも考えなければならないのは酷とも言えますが、故人にとっても家族にとっても、良い葬儀だったと思えるようなお別れがいちばんです。葬儀を依頼する業者を決めることと、必要な手続きをすることは大切なことですので、早めに対処することです。分からないことがあればすぐに業者に聞いたり、確認することが必要です。

一級葬祭ディレクターが当社は県内最多の在籍を誇ります。 費用から様々なプランをご用意しておりますので皆様のライフスタイルに合ったご葬儀をお選び頂けます。 ご葬儀に対しての必要なもの・必要なこと全てにおいて充実したサービスをご用意しております。 地域のご依頼件数がNo1!皆様に選ばれ続けている当社を安心してご利用下さい。 千葉の家族葬なら葬儀社 ・昭和セレモニーまで