最近の葬儀では、約半数以上が家族葬を行っています。葬儀の形としては、すでに一般の葬儀と同様に代表的なものとしてとらえられています。費用としては、大体40万~50万円が平均的とされています。一般葬の200万円前後と比較すると、かなり費用を抑えることができます。規模は小さいものの内容としてはさほど変わりはありませんが、いちばん大きな違いは弔問客を招かないことです。家族やごく近い人たちだけでお別れをするため、葬儀の後に「お別れ会」を行うことが多いようです。近年ではかなり有名な方々でも、家族のみで葬儀を行うことが多く、後日改めて故人を偲んでいただくケースが増えています。生前から希望している方は、予め依頼する業者を決めていることも多いようです。

千葉で葬儀を行いたい人のための基礎知識

全国的に注目されている家族葬を行う人は多く、専用のプランとして提案する業者も増えています。このプランの内容や金額は業者により異なるため、提示されている金額だけを見ずに、内訳や追加料金の発生事項などを確認したうえで決めることが望ましいようです。病院で亡くなった場合には、病院と提携している業者が搬送をしてしまう場合があり、葬儀の形などを指定することが難しくなることもあります。依頼する業者が決まっているのであれば、搬送される前にその旨を伝えておかなければなりません。その間にも、葬儀を行うための必要書類を揃えなければならないため、病院で交付されるものに関しては、その場で交付してもらうことが大切です。悲しいけれども、葬儀に必要なことはやらなければならないのです。

千葉で葬儀を行う人に知っておいて欲しい知識

千葉では、古いしきたりを重要視する農村や漁村が存在しています。隣組組織ともいえる強い結びつきのある村では、家族葬のように参列者を招かずに行なう葬儀はなかなかできそうもありませんでしたが、最近では、高齢者が増え過疎化が進んだこともあり、葬儀に関してもシンプルに行うことが増えてきました。特に何日もかけて行うことが難しくなったため、「一日葬」を行う家庭もあるようです。高齢者の多い地域では、葬儀に関しても簡素化が望まれ、友人や知人が他界している場合が多いことから、最近では以前のような一般葬よりも家族葬や一日葬などの規模の小さい葬儀を希望する人が増えています。いずれの葬儀でも、費用の明確さとプラン内容をよく検討し、追加料金が発生しないような見積もりを出してもらいましょう。